横浜、みなとみらい、不妊治療、メディカルパーク横浜



2021.11.29

【お知らせ】精子クロマチン構造検査、抗酸化力検査

当院で新しく、見た目では判別できない精子DNAを調べる精子クロマチン構造検査と、精液の抗酸化力測定を開始致しました。

(精子クロマチン構造検査)

この検査は、精子DNAの損傷率を調べる事ができます。

精子DNAの損傷は、酸化ストレスや高温、喫煙などの生活習慣が一因と考えられており、検査結果は人工授精や体外受精などの治療の判断材料や不妊原因の追究にもなります。

(精液の抗酸化力検査)

この検査では、精液の活性酸素を無力化できる力の強さを調べる事ができます。

活性酸素は精子DNA損傷の主な原因と考えられており、運動性にも影響を与えると報告されています。

どちらの検査も、男性不妊における検査としては有用であると思いますし、今後の治療の指針となるかと考えます。もし気になりましたら診察時、先生にご相談下さい。





logo2