不妊治療/体外受精 | メディカルパーク横浜

横浜、みなとみらい、不妊治療、メディカルパーク横浜



院長ブログ

産婦人科の4分野と内視鏡手術

産婦人科は4つの専門に分かれます。
まずは産科領域、妊娠・出産が専門であり、それらにまつわる合併症など、妊婦さんを診療する分野です。産婦人科の特徴のひとつでもあり、誕生の瞬間に立ち会い、本当の意味での“おめでとう”が言える分野でしょう。病気を治す、という仕事である以上、他科ではあり得ない喜びがあると思います。
続いて、悪性腫瘍、すなわち、癌の治療の専門です。手術と化学療法を組み合わせ、癌治療に専念する分野です。癌治療の基本は腫瘍摘出であるため、産婦人科の中で、最も大きな手術を行います。近年、内視鏡の進歩により、患者さんの負担の軽い手術も広まってきましたが、これまでは大きく開腹することが多かったのが実際です。
さて、次が我々の専門領域である、不妊・内分泌です。体外受精をはじめとする、不妊治療などが専門なのですが、歴史的に初期の体外受精は腹腔鏡下に行われていたこともあり、この専門領域の医師が、内視鏡を行っていたため、不妊に関連する子宮内膜症や子宮筋腫など、良性疾患の内視鏡手術も専門としてきました。
最後の領域ですが、近年新しく提唱された、女性のヘルスケア、という分野となります。どのような分野かといいますと、月経に伴う症状や、更年期症状など、女性の生涯にわたり、QOL向上のために寄与する診療内容です。高齢女性に起こりやすい、子宮が腟から飛田してしまう子宮脱の治療はこの分野であり、最近はそれについても内視鏡手術が適応されるようになってまいりました。
内視鏡手術は今や以上4分野全てで使用される優れたツールです(産科領域では妊婦さんの手術や胎児治療に応用されています)。この背景には、先人たちの努力と、機器開発があったわけですが、私は大学で研修を積む間、その劇的な進化を目の当たりにすることができ、微力ながらもその一助となった自負もあります。そのような貴重な経験が出来たことには感謝しかありませんが、その恩返しとして何ができるかを考えた際、やはりこの経験を最大限に活かした治療に他ならないという結論に達し、体外受精と内視鏡手術の融合を目指すクリニックに行きついた次第です。
不妊のみならず、婦人科の受診はどうしてもハードルが高いとは思われますが、相談だけでも結構です、是非、当院にいらしてみてくだい。