不妊治療/体外受精 | メディカルパーク横浜

横浜、みなとみらい、不妊治療、メディカルパーク横浜



培養室ブログ
2019.10.21

【基礎内容】ART概論について

・ARTとは

ART(Assisted Reproductive Technology)とは配偶子である精子・卵子を取り扱い、生殖を補助する不妊治療のことです。「高度生殖補助医療」ともいいます。

 

・適応

①卵管性不妊(卵管閉塞、卵管狭窄、卵管周囲癒着、卵管水腫など)
②男性不妊(乏精子症、精子無力症、無精子症、奇形精子症など)
③免疫性不妊(抗精子抗体陽性)
④子宮内膜症
⑤原因不明不妊(機能性不妊)
その他、患者様の年齢、不妊期間、卵巣の予備能を考慮いたしまして適応があれば対象となります。

 

・受精方法の選択

受精方法は、取り出した卵子と精子を合わせて体外で受精させる「体外受精(IVF)」
顕微鏡下で卵子に精子を注入する「顕微授精(ICSI)」の2つに大分されます。

split ARTとして、同一周期の採取卵子を2グループに分けてIVFとICSIを同時に施行する方法もあります。

 

・精子の処理方法

射出精子(院内・持参)をPureCeption™(密度勾配用メディウム)に重層し、密度勾配遠心法(生きた精子は密度が高く、死んでいる精子は密度が低いので遠心すると2層に分かれる)により、生きた精子と死んでいる精子をわけます。その後、生きた精子を培養液(IVFメディウム)に沈めることでswim up(スイムアップ)法を行います。

「swim up法」では「洗浄した良好精子」を培養液の底へ静置し斜めにして静かに置いておきます(斜めにするのは2つの層の接する表面積を多くするため)、元気に運動する精子が培養液の中へ泳ぎ出してきたものを回収します。

この処理の結果、一定の精子数と運動率が得られた場合に精子所見が良好と判定されIVFの適応となります。
逆に、数や運動率が基準に満たない場合は不良と判断し、ICSIの適応となります。
また、もともとの精液の所見が著しく不良の場合には、swim up法の処理ができないことがありICSI適応になります。

 

・ARTによる妊娠率、生産率、流産率

上の図は、学会が公表しているARTデータブックを引用したものです。

一般的に「高齢出産」と言われるのが35歳以上の初産ですが、この年齢あたりから妊娠しづらくなり、38歳からは卵の質も下がり、40歳を超えると妊娠率はガクッと下がり、逆に流産率が上がっていきます。

なかなか妊娠に至らない場合は、早めのARTも視野にいれた不妊治療を検討・開始することも選択肢の一つにいれても良いと思います。