横浜、みなとみらい、不妊治療、メディカルパーク横浜



院長ブログ
2020.05.02

私の誕生日と開院一年

メディカルパーク横浜は令和元年5月に開院し、もうすぐ開院一年を迎えようとしております。大学を辞めてこの一年、クリニックの右も左もわからない中、様々な方々のお力添えでなんとこここまでやってまいりました。今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響でさらなる困難に立ち向かわなければならなくなっておりますが、スタッフに支えられ、大きな問題もなく診療を継続できております。この場をお借りして、患者さんをはじめ、関係していただいている全ての方々に感謝申し上げます。

5月2日は私の誕生日でもあり、5月2日に52歳になってしまいました。結構な歳になってしまったのですが、正直全く成長していないような気がしており、まだまだ皆様にご迷惑をおかけしてしまうのではないかと心配ではありますが、桜木町で不妊治療に専念してまいりたいと思います。

さて、開院一年で大々的になにかキャンペーンなどを行うことも検討していたのですが、コロナの影響もあり、外出自粛要請が続く中、さらには学会から不妊治療の延期が推奨されている中では難しいかもしれません。そこで、昨年末に好評いただいた不妊検査半額キャンペーンを行うことにいたしました。今すぐの治療は困難であっても、これからの方針を考えるためには、男性の精液検査や女性のAMH採血などは有用と考えます。両方とも自費診療となってしまうのですが、キャンペーン期間は半額とさせていただきます。もちろん、検査結果をご説明させていただき、今後の方針もご相談することが可能です。

ただ、新型コロナウイルス感染症の感染を最大限に防ぐことを最重要と考えます故、三密を避ける意味でまずは事前予約をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状のある方はご来院をご遠慮ください。連休明けから開始し、しばらくは行おうと考えておりますので余裕をもってご来院ください。特に精液検査は不妊検査でも重要項目です。不妊治療はどうしても女性のみの治療になってしまいがちなのですが、半分は男性側の要因でもありますのでこの機会に是非、ご検討願います。女性AMH採血については、現時点での卵巣予備能の目安になります。現時点で妊娠を考えてないとしても、卵巣内の卵子が極端に減少している場合もあり、その状態を確認することは今後のライフプランを考える意味でも有用だと思います。

ご夫婦でも、未婚の方でも、ご自身の妊孕性について一度検査してみてはいかがでしょうか?詳細はHPをご覧ください。