不妊治療/体外受精 | メディカルパーク横浜

横浜、みなとみらい、不妊治療、メディカルパーク横浜

院内設備機器について
room1


培養室のコンセプト

①培養室の見える化

色味のコンセプトは”生命の始まる海”のカラーイメージをもとに、みなとみらいのシンボルカラー、主力危機となるES+の色を合わせ、培養室およびスタッフ着衣は青色でコーディネートしました。
体外受精の現場(培養室)を待合からみて頂くことで、ブラックボックスであった体外受精の透明性を提供します。                


②必要十分の作業環境構築

HEPAフィルターによる空調管理のもと、手術室と同等の清浄度を実現しています。
室内等、光源はLEDを採用、卵へ有害な紫外線管理を徹底しています。
大型の非常電源を完備し、有事の際には自動的に電源が培養室に供給されます。



医療機器の紹介

 

培養室はエンブリオスコープ(ES+)を採用

治療成績の鍵となる培養環境において、世界最高水準のものを構築。厳格な培養条件のモニタリングとタイムラプスシステムを用いる事で、卵に対する不要なストレスを排除して胚の評価を行う事ができます。



room2


AI(人工知能)の技術による信頼水準の高い胚評価へ

ES+の機能によって、卵の発育状況を機械が自動で解析します。得られるスコア(KIDスコア)は 今まで培養士の主観に頼っていた"卵の質"に対し説得力のある根拠を提示し、培養士の評価と組み合わせる事で、より妊娠率の高い胚を選択する事ができます。このシステムは内視鏡手術を組み合わせるHybridARTと親和性が高い事を示唆、本院のシナジー効果への寄与を意味します。


room3


卵に優しい PIEZO-ICSI

不妊治療の世界では従来のICSIに対して"卵に優しいPIEZO-ICSI"の普及が進みつつあります。PIEZO-ICSIとは従来のICSIに比べ微細な振動を利用し卵に精子を注入する方法です。当院では、高齢患者から得られる脆弱な卵に特に効果的なPIEZO-ICSIを提供する事ができます。また症例によっては従来法を選択し、最適な方法で顕微授精のアプローチをする事が可能です。


room4


選択的アシステッドハッチング

凍結融解胚移植のサポート技術として行います。様々な方法がありますが卵の状態に合わせ、最新のレーザー法と実績の多いニードル法を選択し卵へのストレスを極限まで小さくする事で、最適な技術提供を行います。



room5




logo2